清水の舞台から飛び降りる気持ちだった「アップライトピアノ」

人生での一番高い買い物は「住宅」という人が多いでしょう。私もいつかは自分の家へと思いつつも理想には到底手が届きません。普段から旅行以外での大きな出費はほとんどした事もない私がした最大の買い物。それは車でも洋服でも宝石でもない、「ピアノ」です。ピアノといっても「グランドピアノ」ではなく、。比較的安価で家にも置きやすい「アップライトピアノ」。値段も安いものであれば20万円から。それでも当時アルバイトで生計を立てていた私からすると清水の舞台から飛び降りる心境でした。アップライトピアノを買おうと決断する前はキーボードで練習していました。一応電子ピアノという名目でしたが、鍵盤がとても薄くキーボードにスタンドを付けただけという物でした。それでもある程度そのキーボードで練習をしていました。というのも10代後半からピアノを習い始めた私の家にはピアノが無く、。見かねた両親が限られた条件の中でプレゼントしてくれたのがそのキーボードだったからです。しかし初めて家で練習して一年過ぎたある日。キーボードの鍵盤が折れました。
練習していくうちに段々と打鍵が強くなってきて、鍵盤の方が耐えられなくなったのです。
そこでどうせ買い替えるなら本物をと思い、中古のアップライトピアノを購入。防音対策もしたかったためサイレント機能を付けて計40万円。一度に払った額としては人生で最大の金額であり、最高の買い物です。
銀行カードローンの過剰融資 「自主規制」で大丈夫?
三菱東京UFJ銀行など大手3行が、過剰融資が社会問題化しているカードローンの自主規制強化に乗り出した。「多重債務の新たな温床になっている」との批判をかわしたい狙いだが、自主規制の実効性を懸念する声もあり、問題が沈静化するどうかは見通せない。 「過剰な (続きを読む)