居心地の良い場所に憧れて

結婚し子供も二人(中学生と小学生)いますが、とにかく最近家での居心地が悪くて仕方ありません。
居心地が悪いと言うよりか、家にいても楽しいと感じられません。
自分の努力が足りないと言われればそれまでなのですが、私も家事には積極的に取り組んでいるつもりではいます。
帰宅しては、ほぼ毎日晩ご飯の支度から、食事後の洗い物、子供のお風呂など。週末も朝食や昼食も作り、ゴミ捨てはもちろんお風呂掃除なども行い、子供達のイベントや習い事も全て参加しております。嫁もパートをしており、日々子供の習い事の送り迎えなどで忙しいのはわかるのですが、常に疲れた疲れたと言うばかりです。その次には体調が悪いだの嫁の機嫌の良い日がほとんどありません。
体調が悪いのはもちろん仕方のない事なのですが、正直私としては、作り笑顔でもいいから、帰宅したときくらい笑顔でおかえりと一言言ってもらえたら、どれだけ気分的に救われるかと思っていてもおかえりの一言もありません。だから、本当に最近家に帰ることが苦痛で仕方ありません。家に帰ってもくつろげるどころか、家事を終え下の子の寝る前の読み聞かせが終わった頃には、自分も疲れがピークで早く寝床に付く事しか考えられません。それでも、唯一の救いは子供達の笑顔を見ることなのですが、嫁は子供に対しても厳しく、常にどなってばかりいるので本当に居心地が良くありません。これも嫁の方が子供と接している時間が長いので私よりももちろんイライラする事が多いのでしょうが、もっともっと家庭内でみんなの笑顔が見たいと言うのが、私の今の願望です。このように毎日家事を手伝っているのに、これ以上私は何をどう妻をサポートすれば、妻がリフレッシュでき妻の笑顔をたくさん見られるようになるのでしょうか?。このような環境が子供達にとって良いとも思えません。
妻の笑顔一つでどれだけ毎日が楽しくなる事か。子供達にも毎日楽しく過ごしてほしいので、少しでも多く妻の笑顔が毎日見られるようになる事を切に願っています。
銀行カードローン、99年以来の高水準 残高6.2兆円
銀行のカードローン残高が増えている。今年3月末の銀行と信用金庫の残高の合計は前年同月比9%増の6兆2107億円で、1999年以来の高水準となった。マイナス金利下でも高い金利収入が期待できるため、大手銀だけでなく地銀や信金も融資を伸ばしてきた。ただ過剰融資 (続きを読む)